長野県大町市保育園保護者会連合会が発信する保育園情報。在園児・新入園時に役立つ情報公開を目指しています。

連合会とはOmachi nursery parents association

連合会は正式名称を「大町市保育園保護者会連合会」といい、長野県大町市内にある8つの保育園の保護者の代表で組織されています。
役員は各保育園の保護者会長8名、理事は各保育園の保護者会副会長、会計、庶務の3名の計24名で、任期は1年間です。
年間の活動として、役員が集まって開かれる『会長会』と、年度の初めと終わりの計2回開かれる『理事会』があり、その年の事業計画および予算を決めています。こうした計画に基づいた活動をおこなっています。

連合会の活動方針

連合会の活動方針は主に下記の3点に分類されます。

  • [行政との意見交換] 育児環境の整備・向上のために積極的に行政との意見交換をおこなう。
  • [各保育園の情報交換] 各園の情報を共有・比較・参考にし、保護者会としてできることを探求する。
  • [研修会・セミナーへの参加] 子どもを育てる親にとって役立つ情報の収集と公開に積極的に取り組む。

連合会活動のガイドライン

年度毎の事業計画や上記活動方針に関して行った活動は、保護者や園関係者をはじめ広く情報公開し、児童福祉の増進に役立てます。

  • 連合会は行政との意見交換会や各種研修会・セミナーに参加し、その内容を機関紙「保育おおまち」または連合会ホームページで報告します。
  • 定期的に会合を儲け、各保育園の情報交換をします。
  • 「保育おおまち」を発行するための時間と費用はできるだけ削減します。
  • 任期が1年間であるため、できるだけ迅速に情報を公開します。
  • 在園児の保護者・保育関係者にとどまらず広く情報を発信し、より多くの人に児童福祉に関する情報を届けるよう尽力します。
このページの先頭へ